歯周病と歯槽膿漏って違うの?|美浜区幕張の歯医者・歯科|海浜幕張駅3分のマリブ海浜歯科室

新卒の歯科衛生士・歯科助手 求人・募集案内

中途の歯科医師・歯科衛生士・歯科助手 求人・募集案内

日曜日・祝日診療

22時まで夜間診療

無痛治療

診療時間

※最終受付は30分前までとなります

無料駐車場WBG内の駐車場2時間まで無料

043-350-1182

千葉県千葉市美浜区中瀬2-6 WBGマリブウエスト2F

歯周病と歯槽膿漏って違うの?

投稿日:2015年5月14日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。 海星会スタッフOです\(^o^)/ 近頃、地震がまた多くなっていますね。。 3大怖いものといえば「親父火事地震」でしたっけ?若い人は知らないか…ボソ その中でも私は「地震」が一番怖いです。 ところで、歯がグラグラしたりしたことはないですか!? それもとっても怖い病気の可能性があるんですよ。   今は、「歯周病」って言えばみなさん聞いたことがあるかと思いますが、 他にもよく聞く「歯槽膿漏」「歯肉炎」「歯周炎」の違いがわかっている方は少ないようです。   「歯周病」とは・・・歯の周りの組織に起こるさまざまな症状の総称のことです。 歯の周りの組織とは歯肉(歯茎)、歯槽骨、セメント質、歯根膜などです。 そしてその中に歯肉炎や歯周炎や歯槽膿漏といった病気があります。   「歯肉炎」とは・・・歯周病の中でも比較的軽度の症状で、歯肉(歯茎)に炎症が起きて腫れてしまう病気のことです。 フルーツを丸かじりした時や歯磨きをしている時に歯肉(歯茎)から血がでやすい場合は 歯肉炎の疑いがあります。歯肉炎になると歯肉(歯茎)が腫れて歯周ポケットができ、 歯垢がたまりやすくなるので、そのままにしておくとそこからひどくなってしまう恐れもあります。 口臭が出る原因にもなります。   「歯周炎」とは・・・歯肉炎が進行して、歯肉(歯茎)だけでなく歯槽骨まで及んでしまった状態のことです。 歯周炎になると、血だけでなく膿がでてきたり歯茎が退縮して歯が長く見えたり、 さらには歯がグラグラするといった症状が出てきます。 このあたりから、膿が原因で口臭が人にもわかるくらいになってきます。   「歯槽膿漏」とは・・・歯周病の中でも重度の症状で、歯周病がさらに進行してしまうと歯槽膿漏になります。 歯槽膿漏になってしまうと、歯を支えている骨がどんどんとけていってしまい、 歯がグラグラになったり、さらに歯茎が腫れ歯周ポケットがひろがり歯垢もたまり、 細菌も繁殖してしまいます。 膿もでているし、汚れもたまるので、口臭もひどい臭いになってしまいます。   などなど、わかりやすく言うと、 「歯周病=歯肉炎<歯周炎<歯槽膿漏」という感じです。 歯がいっぱい並んでいますね笑   歯槽膿漏までになると、治療も簡単ではなくなっていきます。 日ごろのケア、早めの治療をおすすめいたします。

トップへ戻る