予防歯科・歯周病治療|幕張の歯医者・歯科|海浜幕張駅3分のマリブ海浜歯科室

日曜日・祝日診療

22時まで夜間診療

無痛治療

診療時間

※最終受付は30分前までとなります

求人募集

無痛治療

無料駐車場WBG内の駐車場2時間まで無料

043-350-1182

千葉県千葉市美浜区中瀬2-6 WBGマリブウエスト2F

予防歯科・歯周病治療

当院の予防歯科の捉え方と治療体制

予防歯科・クリーニング

予防歯科とは、痛み事後の歯の治療ではなく、痛くなる前の虫歯予防や歯周病予防を主眼に置いた診療科目です。以前までは「痛くなったら歯医者さんへ」という意識が普通でしたが、近年では歯の美容意識の高まりもあり、予防歯科の価値に注目が集まっています。患者さまのお口の健康状態維持に向け当院が拘る予防歯科のポイントをご紹介いたします。

①スペシャリスト「歯科衛生士」による担当制

歯科衛生士歯科衛生士は国家資格として高度な知識技術を有し、歯のクリーニングから口腔環境の最適化、虫歯や歯周病などの予防処置に係ります。

当院では、患者さま一人一人に担当制で歯科衛生士をつけることで、個々の患者さまのお口の状態を正確に把握できるようにし、二人三脚でお口の健康状態を目指していきます。

②「超音波スケーラー」と「手動ハンドスケーラー」の使い分け

2種類のスケーラー歯の表面に付着した歯石や歯垢の除去には、スケーラーと呼ばれる専門器具が使用されます。スケーラーは、主に「超音波スケーラー」と「手動のハンドスケーラー」の2種類があり、それぞれにメリットデメリットがあります。

歯科衛生士はこれらを適材適所で使い分け、患者さまの口腔環境を整えていきます。それぞれのスケーラーの特徴は次のようなものです。

超音波スケーラー

超音波スケーラー

超音波振動によるスケーラーで、歯の表面の歯石や歯垢を広範囲で除去するのに強い効果を発揮します。

手動ハンドスケーラー

手動ハンドスケーラー

歯石や歯垢を手動で除去する際のスケーラーです。細かな箇所に対応でき、丁寧な仕上げを可能にします。

日本成人の約80%がかかっている歯周病

歯周病

日本人成人の約8割の方が、程度の差こそあるものの、何かしらの歯周病症状を患っていると言われています。それでも歯周病は深刻化するまで自覚症状が出にくいことから、お口の健康状態の長期維持を見据えた場合、定期的に歯医者さんを受診することが唯一歯周病を回避できる道だと言えます。当院でも、「歯が痛くなくても定期的に受診するようにしてください」と治療を終えた患者さまに必ずお伝えするようにしています。このような当院の予防歯科の取り組みや考え方、治療方法などについてご紹介いたします。

虫歯や歯周病対策、ブラッシングだけでは不十分!

歯磨きだけでは不完全

「毎日、食後には必ず歯磨きをしています!」これで虫歯や歯周病が回避できれば良いいのですが、残念ながらそれだけでは不十分と言わざるをえません。特に歯周病菌は細菌同士が寄り集まってスクラムを組むという特性があり、台所シンク側面のヌメリのような状態が歯肉と歯の隙間で日々できてしまいます(バイオフィルムと言います)。ブラッシングのみでは完全に落としにくく、じわりじわりとそのスクラムは強化されていきますので、歯医者さんで定期的に口内環境を整えていくことが重要になってきます。

心疾患、脳卒中、糖尿病、出産にも影響をもたらす歯周病

歯周病の影響

近年歯周病は、心筋梗塞や動脈硬化、脳卒中、糖尿病を引き起こす原因となることもわかってきました。歯周病菌は腫れた歯ぐきから血管に侵入しやすく、菌が全身に回り、これらの病に間接的に影響するとされています。また妊婦さんの場合には、早産や低体重児の出産リスクが上がることも判明しています。このように、健康面で重大な影響をもたらす歯周病は、やはり徹底的に予防していくべきものなのです。

歯周病と糖尿病の負のスパイラル

歯周病と糖尿病は相互に影響し合い、負のスパイラルを生むことが分かっています。視点を変えると、歯周病を改善させることで、糖尿病症状の緩和が期待できる場合もあります。以下のイメージ図をご確認いただき、歯周病の予防意識を高めていただければ幸いです。

▼クリックで拡大します

負のスパイラル

歯周病の治療法

治療法

歯周病の治療は、まず歯周病の進行度を測定するところから始まります。歯周病のポケットの深さや出血の度合いを加味しながら、それぞれのステージに応じた最適な治療法が選択されます。

歯のクリーニング(歯周病症状:軽度)

歯のクリーニング歯茎の奥深くまで歯周病菌がこびりついていない場合は、歯と歯茎の間の歯石を除去することで歯周病が治まっていきます。

これらの箇所のバイオフィルム(歯周病菌が寄り集まったもの)についても、丁寧にクリーニングを施すことで歯茎は引き締まり、出血も無くなっていきます。数回程度の通院で完治に至ります。

ルートプレーニング(歯周病症状:中度)

ルートプレーニングルートプレーニングとは、特殊な器具で歯周ポケットの奥深くにこびりついた歯石や汚れを取り除く治療法です。

歯茎の奥深くまで歯石が付着してしまうと、軽く歯を磨くだけでも簡単に出血してしまいます。

歯の付け根付近まで深く器具を入れるため、麻酔を行ない、痛みを生じにくくさせて治療にあたります。

歯周外科(歯周病症状:重度)

歯周外科

重度に歯周病が進行してしまった場合、ルートプレーにングでも届かない範囲にまで歯石が根を張ってしまいます。これがさらに進行すると、骨が溶けて歯も抜けてしまいます。このようなことにならないためにも、即座に治療をしなければなりません。

具体的には外科的な処置となり、歯茎の一部を切開し、歯石を歯の根元から完全に除去します。その上で再度縫合するという作業も必要になります。治療期間も長引くため、早期発見、早期治療を目指してください。

生涯治療費:定期的通院者 V.S. 痛い時のみ歯医者さんの方

定期的

痛いときのみ

(出典:日吉歯科診療所調べ)

歯医者さんで定期検診を行ない予防処置をされていた方と、予防処置を怠り、痛い時だけ歯医者さんを利用していた方の生涯治療費の算出例が上記のものになります。予防歯科を丁寧に受診されていた場合と比較し、痛い時のみの歯医者さん通いの治療費は、金額にして200万円以上もの開きが生じます。また、歯が抜けていくことも加味すると、自分の歯で美味しく食事はできませんので、日々の予防処置を後回しにするメリットは何も見いだせないと言わざるをえません。

「若い時にしておけば良かったこと」の第1位:歯の定期検診

歯の定期検診

(出典:雑誌PRESIDENT(㈱プレジデント社調べ)

「若い時にしておけば良かったこと」をテーマとして、55歳~74歳の方たちへアンケートを取ったものが上記のものです。年齢を重ねるごとに、若い頃から「歯の定期検診を受ければよかった」という回答が多くなってきます。「失ってから気づく」という傾向は、大切な人の場合でも食生活を支える歯においても同様のものだと言えるでしょう。今まだ若い方でも、放置していると必ず後悔しますので、歯の定期検診を意識に留めていただければと思います。

美浜区幕張で予防歯科をご検討の場合、当院へご来院ください

予防歯科

マリブ海浜歯科室では、このような形で予防歯科に重点を置いた治療を行なっております。JR海浜幕張駅近くにお住いの方はもちろん、美浜区幕張全域から多数ご来院いただいており、今後も虫歯予防、歯周病予防に積極的に取り組んでいきます。定期検診など、予防歯科をお考えの場合は当院へ足をお運びください。

トップへ戻る