妊娠時の歯やお口のリスクと対策|美浜区幕張の歯医者・歯科|海浜幕張駅3分のマリブ海浜歯科室

新卒の歯科衛生士・歯科助手 求人・募集案内

中途の歯科医師・歯科衛生士・歯科助手 求人・募集案内

日曜日・祝日診療

22時まで夜間診療

無痛治療

診療時間

※最終受付は30分前までとなります

無料駐車場WBG内の駐車場2時間まで無料

043-350-1182

千葉県千葉市美浜区中瀬2-6 WBGマリブウエスト2F

妊娠時の歯やお口のリスクと対策

投稿日:2014年11月7日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。海星会スタッフOです\(^o^)/ 今日は妊娠中に起こりやすい、歯やお口の問題について お話したいと思います。 妊娠中には、口内で以下のような状態が出やすいといわれます。 これらは、妊娠により女性ホルモンが急激に増加することで、プレボテラ・インターメディアという歯周病原性細菌が増殖しやすくなり、また血管の透過性が高まり、唾液の粘性が高まって口腔の自浄性が低下することで歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。また、「つわり」による食嗜好の変化や歯みがきの困難、胎児の発育による食事回数の増加とそれに応じた口腔ケアが不足しがちなことなどにより、口腔環境は悪化してむし歯や歯周疾患のリスクは高くなります。 【日ごろ出来る心がけ】 マリブ海浜歯科室では、マタニティ検診も行っておりますのでお気軽にご相談ください。 また、食べる回数が増えるので、こまめなうがいや歯磨きをお勧めいたします。 気分がすぐれないときは、口をゆすぐだけでも違いますが、ぶくぶくうがいや 気持ちが悪くならないように小さいめのブラシを使用するなどしてください。 また、食事の好みも変わるといいます。 糖分の多い食べ物や、酸性のものをのべつまくなしに 食べたり飲んだりするのは控えましょう。    

トップへ戻る