お口の治療、何回もわけて治療する必要があるのか❷|美浜区幕張の歯医者・歯科|海浜幕張駅3分のマリブ海浜歯科室

新卒の歯科衛生士・歯科助手 求人・募集案内

中途の歯科医師・歯科衛生士・歯科助手 求人・募集案内

日曜日・祝日診療

22時まで夜間診療

無痛治療

診療時間

※最終受付は30分前までとなります

無料駐車場WBG内の駐車場2時間まで無料

043-350-1182

千葉県千葉市美浜区中瀬2-6 WBGマリブウエスト2F

お口の治療、何回もわけて治療する必要があるのか❷

投稿日:2014年2月17日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは~海星会スタッフです。 前回の続きである、「お口の治療は、何回もわけて治療する必要があるのか❷」です。 今回は、「クリニックの方針の違いによる可能性が関係している」こともあり、何回も治療することもあります。 例えば、歯周病をちゃんと治してから、被せ物冠クラウンや差し歯などを装着する。予防に力をいれているなどです。 予約なしで痛い時だけ来る患者さんなどはこのような流れに合わないこともあります。 また、私たち歯科医の仕事は、内科と違いまして、お口を開けている治療の間は、患者様へお話ができないです。ほとんどの歯科治療は、お話だけで治療が済む訳 にいかず、お口の中に結果というものを出していかなければならない宿命にあります。いかにスタッフも一緒になって患者様のためになる情報の提供と解りやす い治療方針や治療内容を伝えていけるかが大事であるかと思います。 以上を参考にされて、現在通われている歯医者に病状の説明、治療期間、おおよその治療費など解かり易く説明をお受けできたらいいですね

トップへ戻る